profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
358位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

樽前山 三度目の正直?!

2015.11.03

今年実は3回目なんです、ここまで来たのは。

2回とも雨で断念。

あきらめきれず、11月16日のゲート閉鎖前に間に合ったのでまた来ちゃいました。

ちなみに活火山である樽前山ですが、11月3日現在、噴火警戒レベル1です。

気象庁HP

気象庁HPから確認できます。↑

あ、恵山も確認してから行っています
登山口につくと、まあ~混んでおります!

KIMG0629.jpg

なんと祝日だったんですね。

忘れてました。

KIMG0634.jpg

このスカイライン。

そしてうっすらと月。

ハア~いいわ~

前にも後ろにも人がいて、なんだか気が急いてしまい、自分のペースが掴めず、

早歩きしちゃって

息が上がってしまいました。

いや、いつも上がってるけど、上がり方がなんつーかダメな方っていうかね。

背部に苦痛。

ちょっと吐き気。

いかんいかん。

ゆっくりいこー。

KIMG0635.jpg

振り返ったりしながらね。

すっかり紅葉は終わっています。

支笏湖がキレイ。

KIMG0636.jpg

この階段状がいややねん。

歩幅が合わないのでつらくなる~

でも下山時はありがたいよね、フラットに足がつけるってさ。

これがなかったらきっとすぐえぐれちゃうんだろうね。

KIMG0637.jpg

登山道わきに雪。

こんなに日当たり良くても残ってるんだ。

季節は確実に冬に向かっていますね。

KIMG0638.jpg

また振り返る。

もうすぐ外輪に上がります。

KIMG0639.jpg

階段じゃなくなると歩きやすい。

KIMG0640.jpg

雪だるま作ろうかと思ったけど、あまりに人が多いのでやめた。

KIMG0642.jpg

うっひょーい。

外輪にあがりました。

溶岩ドームが見えたよ。

山頂までもう少し。

KIMG0643_201511041214097b7.jpg

ここでカップルに抜かされる。

でも近いので会話が聞こえてくるの。

男「日帰りじゃなくて、泊まりだとー、夕暮れも見えるしーすごいキレイだよ。

あ、朝もね、日の出とかマジキレイだしさ。あ、夜とかだとー星とか見えるしー、そういうのもあるんだよねえ」

女「あ、そうなんだ…ハアハア」

ちゃんとした内容忘れたけど、まあそんな感じで付き合い始めの彼女?もしくはこれから落としたい彼女?に、

山の素晴らしさを語る、というよりは知ってる俺、イケてるっしょ?

みたいな感じで語っていて、なんか、ギャグ漫画に見えた…。

いや、いいんですけど。

すいません、意地悪な見方して。

KIMG0645.jpg

しかもその男性に撮ってもらったっていうね…

いいじゃんいいじゃん。

二人は幸せなんだからさー。

で、ちゃんとカップル写真も撮ってあげましたよ。

休憩せずに西山に向かいます。

右回りで一周します。

KIMG0646.jpg

溶岩ドームが違った角度から見えて楽しい。

でもあんまり余所見してたら滑った。

ばか。

KIMG0647.jpg

うーん、いいねえ♪

KIMG0648.jpg

目指す西山は1.6キロくらいだったかな?

そしてここで私の身に大変なことが…

うんつ…

うんつがしたい!

いまっ

いまここでそうきたか!

登りの早い段階で左の下腹部が重い感じはしていた。

でもまさか・・・こんな明らかな便意!!

戻る?

・・・

行く!

がんばれ俺!

KIMG0649.jpg

これぐらいがちょうど、東山から見たときのうらっかわって感じじゃないのかなあ~

形が違うね。

噴火して固まった感がよく出てます。

溶岩ドームが形成されたのは明治42年の噴火で、

その後は小噴火を3度繰り返していますが、最後に噴火活動があったのは昭和53年~56年です。

私が生まれてからは噴火していないってこと。

ふーむ。

って、繰り返す便意があり、いろいろ考えてごまかしています。

括約筋を励ましながら…。

がんばれ、俺の尻!

肛門やその周囲の筋肉を脳内で想像しながらどこに力を入れるか考えながら、

押さえつけ・・・ってうんつの話ししすぎって思う?

本当に、本当に、このころはもううんつのことしか考えられなかったのです。

もしここでもらしたら・・・

イヤ、もらすぐらいならケツ見られてもする?

いやいや、それは無理だろ、現実的には我慢するしかないぜ。

と脳内会議が繰り広げられていました。

KIMG0650.jpg

会議は常に行われていますが、西山への最後の登り。

尻、ファイッ!

KIMG0652_2015110413040033c.jpg

よし、ついた!

山頂に人はいたけど、もう会話する余裕がないので、撮ってクダサーイとか言えなくて、

まわりの景色をささっと見て、

KIMG0651_201511041304011b4.jpg

行く!!

またここから分岐まで1.5キロくらいあったと思う。

登山口までは3キロくらいあったと思う。

・・・

括約筋、ファイッ

滑りやすいザレた斜面を、転んだらアウツなので慎重に下りる。

転倒→怪我ではなくもれ!

斜面を下りきったら、今度は登り。

ああここで登るなんて・・・

と思ったら、案外登りは平気。

尻に全神経が集中しているので、登りがつらくないのだ!!

なんということ!

かといって、いつも便意を持ち続けて山に登るなんてできない・・・

などと下らないことを考えてまた自分をごまかす。

KIMG0653_20151104130400246.jpg

1周して見慣れてしまった溶岩ドームのありがたみも薄れ…

KIMG0654_20151104130400a46.jpg

あ、神社だ!

いろんな意味で無事下山できますようにと祈ってすすむ。

KIMG0655_20151104130359a7f.jpg

やっと!

やっとだ!!

ここからはラクショー!

20分くらいだろう。

KIMG0656_20151104130359981.jpg

あまりに雄大なこの景色をみて、しばし便意も忘れ…

られないよう!!

いっそげ、いっそげ!

ドタドタ走ると刺激されるので振動のないように膝のクッションをきかせながら、

そして転倒すると漏れるので、絶対滑らない!

KIMG0657.jpg

よし、イケる!

登山口について急いでトイレ。

ありがとう、登山口にトイレのあるありがたみ…。

一息ついてさも渋い山屋のように、

水を飲みながらまぶしい顔で山を見上げてみた・・・。











って、私が思ってるってことは知らないであろうおじさんが、

いやー遠くから来たんだねえ

なんつって、話しかけてくれる。

そうなんですよー

なんて会話してるけど、

私、ギリギリのとこで生きていたんです。

ありがとう樽前山

過ぎてしまえばいい思い出です。
関連記事

テーマ:山登り
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

いい景色でしたね

というより
ハラハラして読みましたwww

客員研究員さん

いまだかつてないピンチでした。
でもおすっこではむかーし富良野岳で我慢したのが一番つらかったので、
それに比べればまだましだたかもしれません。
ていうか排便コントロールの必要性を感じました。
まさか二日連続の便意とは…。
長い山行になったら完全アウツです。

No title

うんつが切羽つまり過ぎて、途中から一緒に焦ってしまいましたわ^^;
よかった~~~~間に合って^^
なんで山行くとうんつしたくなるのかなあ~~???
でもシッカリ写真撮ってるところがonさんらしいわ!
めっちゃいい景色だし!!

No title

うんつで、のんびり楽しめなかったのが残念(笑)
樽前は笹薮や木陰が無いからね…最後の手段も辛い
でも良かったねーやっと晴れて、やっぱり樽前山は晴れの日に登らんと!

コンブさん

腸が動き出すんだねえ~きっと。
山の中でうんつしたくなるの、最近ほんと増えた。
ちょっと排便コントロールしなくちゃだめだなあ~。
うんつのせいで楽しめなくなる~
天気よくて最高だったのにねー。
少しかすんでいたけど、支笏湖も周りの山もよく見えて樽前日和だったよ!

TOSHIPAPAさん

すわっておやつ食べるとかまったくできませんでしたからねー。
せっかく天気がよかったのに残念ですが、今シーズンやっと登れたのでよかったです。
次は風不死かな。
火山は身を隠す場所がなくてつらいです・・・

樽前山は隠れるところが無いから・・・

大変ですね
しかも人多いので・・・(^^;

樽前神社の柱直ってる!
先日の強風後に根元からポッキリと折れていたのです。

・・・もう一ヶ月ほど山行って無いな・・・(--;

NAKさん

NAKさん体調悪そうでなかなか大変そうですよね~
私も一カ月半ぶりくらいの山でした。
山のトイレ問題はいつもつきまといます…。
火山は隠れるとこなくて困る。
非公開コメント