profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
192位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

キンムトーと第2硫黄山という秘境

夜勤前、しばらく会っていない、

引きこもり気味の(安心してください、仕事はしてますよ)友人をつれて、

近場の温泉に行こうと思い立ちました。

家のシャワーやだったから。

気分で。

世間はシルバーウィークとか言っちゃって、

どこ行っても激コミ予想。

ならば、絶対誰もいないところに行こうと。

弟子屈から川湯温泉へ向かう途中、道道392号から池の湯林道へ左折。

10分くらい?走るとキンムトーの立派な案内標識があります。

少し中まで車で行けるけど、雨のあとは埋まるかもしれない。

要注意!Σ( ̄□ ̄;)

携帯の電波もないからね。



誰もいない。



あまりにも静寂



今日は紅葉にはまだ早いけど、

実はここの紅葉がなかなか見事だと、

以前、川湯のエコミュで教えてもらってた。

時期にまたこれたらいいんだけど。

次は数メートル戻ったところが入り口の第2硫黄山。

アトサヌプリのうらっかわっていうか、(裏ってどっちやねん)にあるんだけども。

標高はぜんぜんないので、とくに景色がいいわけではないけど、

誰もいなくていい。



蒸気も上がってるし、途中で干からびかけたボッケもあるよ。

温泉は何となく見かけた池田屋



内湯



露天

私には少し熱い。

しかも、1000円

高い。

やっぱりいつものパークウェイ行けば良かったかなあ~

ま、たまにはいいか。
関連記事

Comment

非公開コメント