profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3819位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
248位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤岳~白雲岳

ああああなんだか無性にチングルマが見たいいいいいい。

と思ってfacebookで呟いていたら、

十勝の山仲間(仲間というのはおこがましいか。山の先輩?ヤマセン?)の紋次郎さんから、

白雲行くけどどうですか?というお誘いをいただいた!

えっ

私、びっくりするほど歩くの遅いけど、大丈夫でしょうか・・・

普段ぐいぐい歩く人には負担なのでは・・・

と遠慮したら、『合わせるぐらいの余裕はある』

というなんと男前な返事がっ。

じゃあよろしくお願いしますってことで、

前泊を・・・。



テント誘ってくれたけど、

私は一人じゃないと寝れないたちなんで、

車中泊しました。

ペグの持参なしでさらっとテントたててらっしゃった。

まじ?

もうペグとか無意味なんだ・・・彼ぐらいになっちゃうと。

枝使ってたよ、枝。

翌日は3時起きなので、

21時前には酒盛り終了しておねむねむです。
銀泉台へ。

紋さんが入林届かいてくれますた。



歩き出しましたが・・・



紋さんが後ろを歩いてくれていたのですが、

いったいどんなペースで歩けばいいのか混乱!

呼吸の仕方がわからなくなりました。

過呼吸で苦しい・・・

吸ってばっかりで吐けない・・・

「すっすみません。後ろに人いると緊張するんで・・・」

と言ったら、そうかい、と言って前を歩いてくれました。

しかしそれを私はあとで後悔するのです・・・。



朝4時半すぎ・・・

案外暑いぜ!

お花だらけ!



ウコンウツギ



なんだっけこれ



チングルマーーー

いっぱい咲いてたの!!!



お花だらけで進みません。

私はもともと進めません・・・



ここまで1時間もかかっちゃった。

すみませぬ、紋さん。



わ、私と来たことを後悔してるんじゃあござんせんよね?



お花畑はまだまだ続く。



雪渓もまだまだあるから来週あたりもまだまだ咲くんじゃなかろうか?



そしてやってきてしまった雪渓ののぼり・・・

苦手なんだよなあ~

私は一歩一歩ゆっくり。



紋さんは華麗なキックステップで上がっていきます。

後ろ姿がいかしてます、アニキ!

コマクサ平ではコマクサが狂い咲き。



なんでこれが高山植物の女王なの??

いまいちわからない俺。



シャクナゲさんのほうがずっと美しいけど・・・。

登山道上には雪渓のトラバースが4か所、雪渓の登りが2か所ありました。

どちらもアイゼンなんかなくていいけど、私のようなヘタレはストックがないとだめだ~

紋さんはその足があれば十分だったようだが。

たくさんの人に先に行っていただいて、

紋さんを待たせて、

やっとつきました。



おおー



おおー。



赤岳山頂。

いつも思うけど、ここまでの道のりの割に、

え?

え?

ここ山頂?

みたいなふんわりしたつき方するよねー。

なんかアヤシイ中国人みたいな写りになっているのは、風で帽子のつばが上がったから。

撮り直してもらったやつもあるけど、こっちのほうがおもしろかったので、

ブログにはこっちにした。

ちょっとおなかに入れて、先に進みましょう!

あとはほぼ平坦だし、ゆるい登りしかないね!

うふん、うふん。

あっちにもこっちにもお花で紋さんは忙しく撮影中。

私はもうチングルマも見れたし、写真はいいや。

うわあああキレイ、と脳裏に焼き付けるのみ。

「トイレは大丈夫ですか?」

と、聞かれて、ハイ、と答えました。

答えましたけど・・・

なんかしたくなってきたぞ。

もうすぐ分岐だなあ。

これで白雲に行ってから尿意が強くなった場合、

白雲で過ごす時間が制限されてりまい、あずましくない(落ち着かない)。

前来た時も、白雲の下りで尿意で、同行していたHBに野ションの許可がもらえず、

我慢しろ、我慢しろと言われて避難小屋までちびる思いで歩いたのだ。

「紋さん、やっぱトイレいっていっすか?」

いっすよ、と快諾を得たが、小屋まで案外あるんだよね。

それでなくても私のせいで予定時間よりは遅い。(時間はまだ早いけど)

ああ紋さんひとりならさっさと白雲行って下山できるのに、

なんだか申し訳なくて仕方ない。

紋さん・・・私、もう野ションでもいいです。

と言ったら、でも身を隠すところがないでしょうと言われ、

確かにそうなのだが、

申し訳なさMAXすぎて、もう・・・

しかも最後の雪渓の下りで、紋さんが雪をぶち抜いて片足水浸し!!

あんな踏み抜き方あるかよっていう・・・

もし私が前を歩いていたら、私がぶち抜いてそれで済んだはずなのに、

紋さんに前を歩いてもらっていたばかりに、紋さんが・・・

申し訳なさMAXだったのにMAXを超えはじめた・・・

私がいなければ・・・

ああ。

小屋についてトイレトイレ。

トイレから出てきたら紋さんが謎の呪文を聞いていました。(無線)

私にはイミフ。

ジュリアじゃねえし、JUDY AND MARYじゃねえし、なんかいってました。



すっきりしたので白雲岳への登り返し…

私がトイレにさえいきたくなければやらなくていいことをやっている…

と思うとまたしても申し訳なくなる…

あちいし。

すごく頭痛がしてきた…

これは、貧血の方なのか、

電解質バランスの方なのか、

よく起こる頭痛なんだけど、

どっちだ

汗はかいてるけど、

塩分はそれなりにとっているのだが…

引き続き塩分、水分の摂取と、

困ったときはロキソニン♪

さらに。

左足関節がバキッ

といった。

ウオッフ。

前屈するといつもいたいんだけど、バキッのあと、少し楽になりました。

荒療治❔

白雲岳の最後の登りが見えたら、また雪渓だった。

あーまた雪渓か。

と。思わず呟いたら、紋さんは岩の方に向かわれました。

岩の方にも道がある。

まえに来たときはどうやって登ったんだっけか。

イワイワをおっかなびっくり登ると、



あーーーー。

素晴らしいゼブラ。

一人だったらへこたれてもーいーやーと帰ったかもしれん。

紋さん、ありがとう。

白雲岳からの下りは今度は雪渓へ。

案外平気だった。

白から赤に戻り2度目の山頂。

そして赤の下り…

気温が上がったので、朝よりずっとザクザクで下りやすい。

けど、ビビりだから転びたくない。

大きい雪渓の3つめで、紋さんがとうとう尻滑りし出した‼

えっ

マジ❗

登山道は右側に見えてるけど、あえて❓

あえての❓

ちょっと迷ったけど、ついていこうではないか。

尻、すべ、りっ…

ザーーーーーーーーーー

って、とまんねえし。

やべえし。

ひっくり返ってやれ

じゃぼ。

雪渓終わりの水に突っ込んで止まりまし…た

がーーん。

ま。いーわ。

今日は暖かいから。



あとから続く人たちも尻滑ってましたわ。

帰りはね、雪解け水の量がすごく増えていて、

土のあるところはドロドロなの。

そりゃあもう、ドロドロなの。



紋さん、転ぶ。

ああ。

ドロマミーレ。

私が前を歩いてさえいたら

転んだのはわたしなのに…

とかまた思ってしまう。

白雲岳~赤岳~銀泉台の下りもたっぷり3時間かけてしまいました。

懐の深い紋さんはなんでもない風だが、

もう誘ってもらえまい。



温泉は目についたとこに入りました。

閑散。

露店風呂は嫌いじゃない感じだった。

そして解散。

話し相手がいるのもいいもんだね。

紋さん、ありがとうございました。

関連記事

Comment

No title

青空をバックに白雲からのゼブラ模様!
コマクサの狂い咲きと完璧ですね~
暑くなってきたので涼しい雪渓歩きがしたい今日この頃…

なんだっけこれは?はアオノツガザクラだと思います。

ゼブラー!!

おぉ!紋次郎さんには、何時ぞや石狩岳でお会いしたよ!
すごい花畑だねぇ!
そしてゼブラ!!羨ましすぎる〜
来年こそは、憧れのゼブラ観たいなぁ!

やっぱり大雪はいいね!

それにしても、申し訳ない!言い過ぎだよー!!
紋ちゃんは、ちっとも苦じゃないし、つまらないなんて思ってないと思うよー
onちゃんが勝手に妄想してるんだよ。
1人でガツガツ歩きたかったら、紋ちゃんだって誘わないよ!
onちゃんは思いっきり楽しめばいいの!
そしたら、紋ちゃんだって楽しい!嬉しい!わけだよ!

枝のペグ!(笑)
冬はよくやるよ!割り箸を使ったりもする!
整備された芝サイトのキャンプ場は、地面が柔らかいから枝や割り箸でも大丈夫だよね!
山は岩を使ったりもしますよー

onちゃん予定合えば一緒に山キャンしよう!(*´∇`)ノ

TOSHIPAPAさん

天気が、もうこれ以上ないくらい最高でした。
風がびゅんびゅんでもちょうどいいくらいの暑さでした。
花、詳しいのですね?
私は全然覚えられません。
一緒に行った方も花はよくわからないということで、
たくさん咲いてるけど、これはなんだ?これはなんだ?
ってふたりともずっと言ってました笑

Re: ゼブラー!!

ベタだけど、やっぱりゼブラいいですよね、カナさん。
でも大雪山系はルパン行けないんだっけ??

若葉さん

いやーあまりに申し訳なくってさー。
なんか面白いことのひとつも言えなかったしねえ~(それはいらない?)
基本的に妄想家だからね。妄想はするけど・・・(それもいらないね)
ちなみにモコさんは妄想族なんだよね(それもいらないか)

枝ペグはなんかかっこいいわー
デキル感じするね!(ミーハー)
予定合えばね、しましょー!

No title

大変そうですが
なんとまあいい光景、いい風景
素晴らしいですね
ホント

Re: No title

この景色を知らないで生きている人がかわいそうなくらいいい景色でした。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。