profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4700位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
314位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

スノー部、富良野合宿1日目・17

昨年はトマムでおこなった、(前の)職場の仲間との合宿です。

今年は富良野!

富良野までうちから4時間。

6時に出発します。



6Fから荷物を運ぶのは大変!!

My台車使用!!

いやーコレ買ったときはこんなによく使うことになるとは思わなかったなあ~。
ぐずぐずしているともう1台のピョコ車メンバーから合流、出ましたのLINE。

おっと、ヤバイ。

私もKniを迎えに行かなければ。

コイトイで待ち合わせて2台で行きます。

浦幌ICから高速に乗ります。

うーーん。白い!

白い世界だ。

これは期待が高まる。

トマムで下りて、富良野まで。

先に今日の宿泊場所に寄って、チケットを受け取ります。



2日分のリフト券がついて1泊12099円。

1日券4900円×2

ナイター券1600円

=通常11400円がリフト券代金だけでかかることを考えたら

宿泊費込みでこれは安いと考えていいでしょう!

もっと安いプランあったら誰か教えて!今後の参考にします。

チケットを受け取り、富良野ゾーン駐車場へ。

イヤーーン、混んでる!

当たり前か。

先月は平日だったからなー…

準備が終わったところで札幌からの日帰り参加Sさんから

「北の峰駐車場に着きました!」の連絡が…

私としたことがちゃんと伝えてなかったかな?

彼の到着を私が待つことにして、みんなには先にロープウェイに乗っててもらいます。

ここでパイングルスの松鶴さんに会う。

TAjの講習会が富良野と聞いていたので、

もしかしてと思ってはいたのだが、なんと。

少しお話ししてSさんと合流しロープウェイへ。

みんな滑っててもよかったのに、



体操したりして待っていたらしい。

今日は6人で。

ザイラーCを繰り返し滑ります。

私とピョコがテレマークで、残りはボード。

左足が山足になったターンが苦手で、

前後差も全然つけられないし、沈みこめないし、

すぐバランスを崩す。

上半身をひねれないし、前につんのめる。

ってことはやっぱり谷足に荷重できてないから前傾気味なんだよな・・・

谷足に荷重できず、エッジも効かず、スピードもコントロール出来ず、

ずーずーずーずー!!!

なんも出来てないじゃないかああああああ!<

出来てないことは頭ではわかってるけど、体が動かないのだ。

ぐぐぐぐぐわーーーーーーーー

出来ねえ!

しかし練習あるのみ!

「ちょっとテレマークっぽくなったんじゃない・・・」

とピョコが言うので、少しは成長してきたか?

そりゃそうか。

立つこともままならなかった時を見てるわけだから。

それにしても人が多い。

スクールのコドモは集団で来るからまだいい。

フリーダムに滑っているコドモはたまに思いも寄らぬ突込みで近寄るから油断ならない。

2時間半滑って、Sさんの上がる時間も考えて昼食にします。

そのまま上のレストランで



トマト鍋~

Sさんと語る。



昼食後は下まで下りてSさんをお見送り。

20150309065026062.jpg

今度は高速リフトでぐるぐるしよう・・・

と、思うのだが、

ももがっ

ももがっ

ももが限界キターーーーーーーーーーー

「もうダメっ!ぷるぷるプルークしかできないっ」

「テレなんて無理だ!ぷるぷるプルークしかっ・・・あのコドモたちのように!」

って言ったら、

「ふっ・・・あのコドモたちの体力は底なしだよ」

た、確かに!

そしてプルークも、もも問題で出来ないのでなんちゃってパラレルで下ります。

ナイターも滑りたいので早めに上がって、コテージに戻り、

荷物の整理と不足分の買い物に行きます。

ちょっとコテージで休憩してナイターへ。



ナイターへは私とピョコとKni。

MaaとFuは一足先にニングルテラスへ。

しかし!

ゲレンデがボコボコで、こわい~

吹雪いてて白いし、

疲れてるからテレにもならないし、

ダメだ!怪我する!

「明日ちゃんと滑りたいから上がる!!!」

と、これまたぷるぷるプルークで下りて

私とKniはニングルテラスで女子チームと合流。

底なし体力のピョコ氏はまだ滑ると。

20150309063251334.jpg

キャンドル屋さんで松のろうそくを買い足して、

ガラス屋さんに寄って、

紫彩の湯でお風呂ターーイム。

体が冷え冷えです。

露天風呂でほっ。

雪が降っていて、

ちらちらと体に当たっては溶けて行きます。

冷たい、でもあったかい。

そしたら、先に入ってた見知らぬ奥様が、

「ちょっとちょっと~入り口にいたこどもたち・・・100人で来たんだって言ってたよ」

と会話している。

ひゃくにん?!

今から100人この風呂に来るというのか?!

驚愕!

男子と女子が半々だとしても50人。

うそでしょ・・・

その直後、内風呂から騒がしい…というかけたたましい声が聞こえた。

来た!

やつらが来た!

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと言う数十人の声と共に、

露天風呂にも嵐が来た。

うっさいわ!!!!

じゃばじゃばとお湯に突っ込んで来て、

私の向かいに座り、

バシャバシャバシャ

と足をばたつかせた瞬間

「ばしゃばしゃしないっ!!!」

「スイマセン・・・」

3歳児じゃあるまいし、

ONとOFFは区別つけんかい。

それでもわーきゃーはもちろんしているので、

うるさい。

じっと耐える私たち他人の大人。

しゃべりまくっている保護者たち。

中には静かにしなさいといっている人もいるが、

我関せずを決め込む者もいる。

嵐が去ったあと、

ふと横を見ると、Kniが口を膨らませており、

「ばしゃばしゃされた水が入ったけど、飲み込むのがイヤでこのままでいた」

と言う

アハハハハハと笑って、

あれはないよねー

でもみんなで来たから楽しくてしょうがないんだろうねえ

そしゃおだつわ~(浮き足立つ、舞い上がるなどの意)

しゃあねえしゃあねえ。

でも注意するけどね。

9時に風呂から上がりコテージに戻りお鍋します。

20150309122949832.jpg

キムチ鍋~

お野菜たっぷり。お肉たっぷり。

しかし食べ始めたのが遅いので、

すぐに夜は更けていく…。

続々と脱落者が出る中最後まで残った二人。



年齢差18歳。

今日一日ずっと親子扱いされてました。

Fuは私とだって16歳違うわけだから…。

年齢が違いすぎて面白いことになっている。

人がいたり、寝なれない場所だったりすると眠れない私は、

3時まで頑張ってそのあと疲れにまかせて寝てみようと思っていた。

時計が3時になったと同時に

「3時!おやすみっ」

「え?!なんの前触れもなく?!」

・・・。

布団に入ったはいいけど・・・

眠れねえ。

Kniのいびきがうるさいとかじゃないの。

いびきはしてるけど笑

話し込んでいたふたりもそのうち眠りに来たが・・・。

ああ、やっぱり、眠れない。

眠れないまま時間が過ぎて行く・・・。

明日に不安を残し、一日目は終了致しました。

2日目へ続く。
関連記事

テーマ:スキー
ジャンル:スポーツ

Comment

非公開コメント