profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
275位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

辺計礼山(ペケレヤマ) 道東の低山はまだ雪がナシ

2014.11.15

父が勤めていた会社の社長の妹さん(T子さん)、

その方から山に行きたいと以前から言われていて、

雪が降る前にお連れしたいと思っていた。

道東の低山ならまだ夏山とほぼ同じく登れるので、

この時期ならダニエル(マダニ)たちの気配のなくなったペケレへGOだ!!
細かい装備については何も言わなかったが、

ちゃんと防寒してきてくれたし、ちゃんとレイヤードにしてきてくれたし。

さすがワンゲル出身のお兄さんをお持ちです!(社長のこと)

数年前に雄阿寒、雌阿寒、西別くらいは登ったというので、

今日のペケレは問題ないだろうと思っています。

むしろ久しぶりに登る私のほうが自分の体の重さが心配なくらいっす。

ペケレは阿寒横断道路の弟子屈側数キロにあるので、

阿寒からではなく弟子屈まで行ってむかいます。

登山口入り口の小さな標識から右折。

ちょっと進んで鹿柵ゲートを開けて閉めてさらに進むと広い土場に出ます。

誰もいねえ~

ま、そうよねん。

準備して行きます。

入林届けのページをめくると春に登った自分の名前を発見。

どんだけ登る人少ないんじゃい。

20141118082348019.jpg

雪まったくなし!

さすが道東。

広い造林道を登っていきます。

キーンと冷えた空気が夏山とは違うことを教えてくれます。

でもこの時期のこれが気持ちいいんだよなー。

ちょっと寒いぐらいのウエアで歩きだしてもちょうどいいくらいに汗ばんできます。

お話ししながらゆっくりゆっくり。

造林道から登山道に入り急登をまっすぐ上がって行きます。

ふー。

急登が終わったー。

まばらに生えた白樺と笹原の斜面をジグを切って登ります。

一人だとまだジグジグザグザグかよ!

と飽きてくるけど、今日はお話しながらなので全然退屈しないわー。

ぽっこり雄阿寒も見えた。

秋晴れで霞なし。

どこまでもどこまでも青くすっきり見えます。

ジグザグが終わって稜線に乗るとさすがに風が強い。

山頂までのこの見通しのよい稜線が大好きさ!!

さいごのぽっこりお山を登りきったら山頂~

20141118082944529.jpg

お湯を沸かして甘いミルクティを飲みました。

ポットで持っていくのとは違うアツアツがいいよね。

一人だとめんどくさくて沸かさないこともあるけど。

T子さんもとっても喜んでくれました。

20141118082908217.jpg

山もよくて、天気もよくて、あったかいものが飲めてシアワセだなあ~

20141118082443736.jpg

それにしても、写真見ればみるほど自分が肥えたことに気づく…

この年で太ったら戻れないぞ!

20141118082411420.jpg

さあ下りよう!

20141118082423108.jpg

キラキラの笹原がまぶしくて

とってもキレイ。

夏ならダニエルたちの巣窟だけど、

今はねー。

いないからねー。

しかしこれだけ笹があるともう木は生えないだろうなー。

数十年後この山はどうなっているんだろう~

なんて考えながら、

下りはあっという間よね。

…。

おすっこしたくなってきた。

寒いしさ、飲み物飲んだしさ。

もう迷いようのないところまできたので、

T子さんに先に行ってもらう。

すっきりしたところで、

さて追いつこうと走り出す。

緩い下りを走るのは気持ちいいよねー。

すると前から山ガールが歩いてきた。

ひとり?

渋い山にくるなー。

こんにちはー。

と挨拶してさらに進むと今度はおじさんがなんか掘っている。

あ!!!

数箇所あったあの土袋はこれか!

前に来たときよりすごく歩きやすいと思っていた。

水がちゃんとはけていて、どろどろじゃないし、

掘れてなかった。

土が凍っているせいかと思っていたが

おじさんが手作業で一箇所一箇所やってくれていたんだね。

ちょっとお話しして、お礼を言ってお別れ。

20141118082338663.jpg

ありがとう、おじさん!

走ったものの、結局喋りすぎて追いつけなかった…。

楽しかったねー。

と、次は川湯まで行ってエコミュージアムセンターに。

ここのエコミュはやる気あって好き。

受付にいた若い女の子に、

以前もいらしていただいてましたよね?

と聞かれた!

すごい、覚えてるなんて・・・

そのときはキンムトーの話で熱く盛り上がったからなー。

エコミュの次は温泉。

いつものパークウェイ。

いいお湯なのに320円!

そして誰もいない!

しかし、露天がぬるすぎてはいっていられなかった・・・残念。

そのあとは摩周そばをご馳走になり帰宅。

楽しかった~

関連記事

テーマ:アウトドア
ジャンル:趣味・実用

Comment

No title

やっぱり山の上からの風景って
いいものですよね~~~

客員研究員さん

やっぱ山いいです。
非公開コメント