profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
275位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

高原沼巡り 紅葉にはまだ早い 2

高原沼巡り 紅葉にはまだ早い1 からの続き

15時までに下山しなければならないので、

急いで戻ろう。

雨も降ったりやんだり。


帰り道は小雨であったため、

緑と紅葉のコントラストが美しかった。

冬支度を始めた紅葉も、

まだ夏の余韻の残る緑の葉も

雨で洗われた葉っぱは生き生きとしていた。

が。

雨の降った木道は滑るのである。

総じて転びやすい傾向のある私は最善の注意を払っていたつもりであった。

しかし緩い下り坂の木道の一部がなぜだかつるつるだったのである。

左足が滑り始めスローモーションのように前後に開脚していく私。

やばい。

ひねってはいけない。

すばやく(本人的には)右足も左足についていく形とし、

右半身で受身をとって転んでみた。

こらえるな、転ぶときはうまく転べ。

主治医の教えである。(スキーの時のだけど)

直後は痛かったけど、大事にならず歩くことができた。

ほっ。

以前斜里岳でも転倒ししこたま尾骨を打ちつけ骨折した経緯があるため、

つんさんは心配だったようだ。

硫黄の香りがすると懐かしくなる。

RSDSC_0507.jpg

ホーム、雌阿寒を思い出す。

しばらく行ってないなあ~

帰り道は順調で、(転んだけど)

15時より前にちゃんとつけそう。

RSDSC_0508.jpg

行きは予定より30分多くかかり、

帰りは予定より30分早くついた。

ので、これで相殺だな。

お楽しみの高原温泉でひといきつき、

とにかく腹が減ったので

RSDSC_0510.jpg

温泉蒸したまご。

温泉でつくってるのでほんのり塩っぽい。

塩をつけなくても十分おいしいです。

ほのかに香りもするような??

今日の高原沼巡りは左回りで高原沼までしか行けず、

飲食できる場所は緑沼と大学沼のところでした。

食べたいタイミングと食べていい場所が合わなくて、

なんかお腹すいたねえといいながら歩くことになってしまったのです。

高原沼の紅葉の見ごろは今週末かなあ?

シャトルバスの運行も20日からのはずだし。

もう一回くらい大雪を歩きたいがいけるだろうか~

もう冬が来る。



関連記事

Comment

非公開コメント