profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
243位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

骨折後1年

5月12日で骨折1周年記念日を迎えたわけですが

昨年11月にスキー再開前のレントゲンを撮って以来撮ってませんでした。

まあ骨はついているので撮らなくてもいいといえばいいのですが…

ついたー♪って感じの写真を見た記憶がなくて、

なんかまあついてますよね

みたいな。

主治医的にも。

なので撮って来ました。

             RS1年経過

いつもそうなんだけど…

受診すると聞こうと思っていたことを忘れる。

そして骨折のことよりも、

骨棘のことをしきりに言うピョコタン。

症状があるかと聞かれたので、

内果の痛み(骨折は外果)

外果の腫れ

屈曲して荷重した時の痛み(下山時など)

仕事のあとでも痛いこと(山じゃなくても痛い)


は伝えたが、

「うーん…だから…徐々に…山は徐々にしたらどうですか?

いつも言ってますけど…笑」


「徐々にやってます

骨折の影響はあるかもしれないが、

骨はついてるので痛みは骨棘のせいかもしれないし、

だとするといずれもっと痛くなるかもしれない。

「山に行くなと言っても行くでしょうから、

今のうちにやりたいことやってください。笑」


「ちょ、ちょっと…なんかもうだめみたいな言い方なんなんですか、先生!!」

という病院コントをやっていたら外来の看護師さんが笑ってた…

ていうか私まじなんですけど。

いや、彼もまじめにいっているのだろうが。

ばあさんになってからの足の状態については、

ピョコタンに責任をとってもらおうとは思っていないので、

今なんで痛いのかがわかればよいのだ。

なんでかははっきり言われなかった。

いつもどおり。

靴をもっとホールドの強いものにかえたほうがいいかもね、という話をして、

確かにいつもはいてるやつはミドルカットだから

ハイカットにしたほうがよいかと思っていたけど…

ブーツ選びは苦労する…

そのうち…

そのうちね。

痛みの具合と相談しながらやっていきます…
関連記事

Comment

非公開コメント