profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4524位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
296位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

キンムトー散策

2014.05.18

久しぶりにつんさんと連絡をとって、

夏山はじめは藻琴山にしよう!

なんつって、むかったはいいが…

DSCF5742_R.jpg

ガガーーン

ゲート閉じてーら!!

藻琴山のあとは芝桜まつりに行って、

ダイヤモンドユカイを観ようと思っていたのに、

東藻琴にいこうにも…

何時間もかけて大回りするのはメンドクサイ。

じゃあペケレか?

摩周か?

いや、ずっと気になっていたキンムトーに行こう!

まずは川湯エコミュで情報を得る。

お兄さんにとても親切に教えてもらった。

地図ももらった。

キンムトーへは夏はゲートがあいて車で行ける林道も通じているが、

今時期は林道が閉じてます。

だから車でぷいっとやってきた観光客はいないわけ~

静かなキンムトーに期待。

片道7kmの散歩。

平地の14kmだから大丈夫だろうと歩き出す。

DSCF5743_R.jpg

つつじが原探勝路の途中から東にのびた細い道に入っていきます。

お兄さんは荒れた道だといっていたけど、

つつじを踏まないように歩くのは一苦労だけど、荒れてるってほどではない。

ていうか、歩いて行くと私たちが言ったことにびっくりしていた模様。

なぜならエコミュに行ったとき、私はサンダルでTシャツでとても歩くようなカッコウではなかったのだ。

もちろんそのあと準備したわけなんだけどね。

つつじのあと笹原となり、

そのうち森の中に入っていきます。

林床に光が届かなくなって少し湿った土の感じが

あーなんかいいわー

癒される。

DSCF5746_R.jpg

ここまでまだ

DSCF5744_R.jpg

2km歩いてない。

ぷぷ。

全然進んでないじゃないかあーーー

と笑う余裕がこのときはまだあった。

DSCF5750_R.jpg

水滴がしたたって花もキレイ。

そのうちお兄さんが行っていた鉄の柵が出てきた。

迷いようがない道だけど、

標識がないので、ポイントでこういうのが出てくると合ってる~とほっとする。

DSCF5751_R.jpg

この柵を過ぎても

DSCF5752_R.jpg

まだ三分の一。

やっぱあるねー7km。

DSCF5753_R.jpg

造林道らしくなってきて分岐が増えてきた。

間違わないようにしないとねー。

と歩いていたら、

DSCF5754_R.jpg

キムンカムイの足跡が!

そりゃいるよねー。

足跡はそんなにフレッシュでもないし、

においも声もしないのでそのまま行きます。

DSCF5755_R.jpg

完全に人の手の入った林になりました。

まったく面白くない。

ただ歩くだけ。

見る物もない。

同じ景色

同じ道

なんという苦痛。

次第に会話もなくなる私たち…。

キンムトーなんてあるのか…

果たしてたどり着くのか…

と弱気になった頃

DSCF5756_R.jpg

むっひーー♪

あと400mよっ!

やる気でるわ!

DSCF5757_R.jpg

なんだろう?この地図?

わかりにくいなー

と思いながら残り400mを歩く。

DSCF5758_R.jpg

なるほどー。

しかし、ヒグマに注意はできるけど、すずめバチにはできねえよ。

そして…

そして…

ついたーーーー!!

DSCF5759_R.jpg

これ、車でぴゅっと来たら、喜び半減じゃない?

どころか、

へー

ふーん

つって終わりかもしれない。

歩いて歩いて歩いた先にある景色だから

この静けさが宝物なんじゃないか。

DSCF5760_R.jpg

あー疲れた。

DSCF5762_R.jpg

湯を沸かしてコーヒー飲んで、

静けさに身をゆだねます。

しゃべる必要ないよねー

たまにぽつりぽつりと語らいながら、

貪り食う!!

休憩せずに何も食べずに歩いていたら、

お腹減ってたんだよね…

それで余計に疲れちゃって歩くのつらかったのかもしれん。

食べたら元気が出たので、

寄ってみよう!

DSCF5763_R.jpg

第2硫黄山。

DSCF5764_R.jpg

硫黄の香りがするー

DSCF5765_R.jpg

噴気が写らないけど…

DSCF5766_R.jpg

振り返ると青空だった。

ずっと雨だったのに。

なんて気持ちいいの!

DSCF5768_R.jpg

硫黄だー

DSCF5767_R.jpg

さて、帰ろう!

そして帰路の7kmはあっという間であった…

帰りにエコミュに寄って挨拶。

で、行ってきたんですか?

と言われたのでハイ。

と言ったら拍手された。

地図がわかりにくいので今度作り直そうかって言ってたんです、とのこと。

「でも…お二人のような方に行って頂くならいいですけど、誰にでも入っては欲しくないんですよね。

危険もありますし…みんなに知ってほしいけど、知ってほしくない…秘境は秘境であってほしいとも思います」

とおっしゃっていた。

私の大好きな川湯エリア。

同じように大好きだと思っているこういうかたが、

そばで見守っていると思うと、

こころがぽっと暖かくなった。

「6月にはつつじが満開でほんとにきれいですし、キンムトーは紅葉の時期がいいんですよ」

とすすめていただいた。

きっと行こう!



関連記事

Comment

No title

いい日になりましたね
気持ちよさそう

車で行きました

林道走行もデンジャラスでしたよ!
鹿には気をつけろってことですが(笑)

そうそう、キンムトーに浮いてませんでした?鹿が・・・(^^;

客員研究員さん

思い出すだけでも気持ちよくなります

NAKさん

えっ浮いてませんでした…よ?
林道も、私の車では入る気になれない感じでしたねー。
確かにデンジャラスゾーン感満載でした。
非公開コメント