profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4062位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
284位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サホロベアマウンテン

GW3日目。

岩見沢で目覚め、

富良野へ。

28 富良野スキー場?
本当なら本日締めは富良野スキー場の予定でした。

が。

雪…やっぱりないよね。

どこがスキー場なんですかっつーくらい。

今でもどこからゴンドラに乗れるのかわかりません。

富良野で用事もないので、帰ろう。

あ、サホロ…

まだ行ったことのないベアマウンテンに行ってみよう。

29 夏はベアマウンテン

動物園などのこういう施設…

存在意義についてはまだ見出せていない私。

檻に入った動物とか、管理された動物とか…

なんかー

手放しであははおほほとは眺められないの。

考え込んじゃう。

たまに行くけど。

声を大きく反対!とは言わないよ。

私も行くし。

で、ベアマウンテンは行ったことなかったけど、

知らないくせに動物園とかクマ牧場みたいに、

ちょっとアレはね…扱いは失礼だと思い、行ってみたわけです。

30 節電ダベア

自販に冬と違う表示があった。

節電ダベア。

31 チケッツ

チケット売り場は冬なら休憩スペースになっているところ。

へえ~

32 剥製

冬はいないけど、剥製もいた。

33 写真

写真が飾ってあった。

34 いい写真

ベアマウンテンにメスはいないので

35 よすぎるだろー 写真

まあこういう光景は見られませんが。

36 ヒグマってこんなくま

さて、行くか。

37 ゴンドラ乗り場なにもない

ゴンドラ乗り場に何もない。

なんかチョット悲しい。

一ヶ月前には滑ってたのにね。

38 バス乗り場

バス乗り場。

ここらへんが私がいっちばん最初によちよちしていたあたり。

こうやってみると傾斜ほとんどないのね。

39 鉄格子?

バスには鉄柵が。

40 前にも

襲ってくることはないだろうけど、

こうしてないときっと営業許可がおりないのかな?

41 1頭目

走り出してすぐ1頭目。

でも寝ててよくわかんない。

42 2頭目

2頭目。

随分都合よく出てくるもんだと思っていたが、

くまのおやつ、置いてたりするらしい。

43 2頭目は

2頭目は

44 2頭目はミットくん

ミットくんだって。

美しい熊でした。

45 3頭目クマエモン

3頭目はクマエモン。

クマエモンはクマらしくカッコイイビジュアル。

46 もう名前がわからん

どんどん出てきて名前忘れた。

しっかし、ここのクマはキレイ。

毛並みとか、表情とか。

自然に近い状態で人間が与える1日一回のエサのほかは

自分で木の実をとったりして食べているらしい。

冬は冬ごもりしてるしね。

さて、バスを下ります。

47 水辺

こういうところのありがちな水場も、

沢の水を引いてるんだって!!

魚も住む池。

スバラシイ。

48 ケンカ・・・

クマ同士の争いもあるけど、

敷地が広いからちゃんと逃げ場があるって。

49 遊歩道入り口

そして遊歩道へ。

50 遊歩道

私があんまりゆっくりクマを眺めていたため、

一緒のバスの人はとっくに行ってしまいました。

51 熊いた

遠くにクマ。

ふーむ。

確かに遊歩道からもクマは見えるけど、

どうせ来たならば少しお金払ってもバス+遊歩道にしたほうがいいわ。

52 お立ち台

少し高い位置からクマが見えるようにしてあるようだ。

53 鉄柵

これが出入り口の鉄柵です。

なんかバイオハザードとかに出てきそうな2重柵なの。

バスが出入りしたあと閉まるまでクマが出て行かないように、

係りの人が車で防御してた。

へえ~

なるほろ。

見学はおしまい。

遊歩道から下に下りるまでの壁にいろいろな比較が書かれていたんだけど、

なんか好きだったから↓コレ

54 誕生

誕生

右がヒトの子

生まれたときは3000グラムくらいかね。

左はクマの子

400グラム!!

小さい…ヒトの1/7?

55 三ヶ月

三ヶ月

三ヶ月で10倍以上育っているクマの子

ヒトの子はまだよちよちもできない。

56 1歳

1歳

クマの子はもう50キロ。

あと1年で母クマと離れ自分の力で生きていく術を身につけなくてはいけません。

ヒトの子はまだつかまり立ちくらいだよね。

57 10歳

10歳

もうすっかり大人のクマ。

10歳のヒトの子は大人になるまであと10年ある。

クマが大人になるよりずっと時間があるよね。

急いで大人にならなくちゃ生きていけない野性の動物。

この日感じた気持ちをなんと表現すればいいかちょっと言葉になってない今。

ちょっと考えたいと思います。

58 第7リフト

感慨深く遊歩道を歩き終えて、

目にした第7リフト乗り場。

今年はお世話になりました。

また来シーズンよろしくね。

59 雪がない麓

もう雪がない。

春だなあ~

関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。