profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
399位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

ロイヤルバレイ⑯ 2013-2014

今日はピョコタンとロイヤルバレイ。

当番だから近場じゃないと呼ばれたら困るから。

12時についたらけっこう人がいることにびっくり。



って、書いてから写真見たら誰も写ってないけど、みんなご飯食べてたのよ!


国際とかの人がいるとかとレベル違うからね。

ロイヤルバレイなのに人がいるってことにびっくりなわけです。

ピョコがまだ来ないけど、

さて滑ってこようかなと歩き出したら不審なメガネ君が歩いてきた。

p「(ゲレンデは)滑れる(状態な)んですか?」

on「滑ってる人がいるから滑れるんじゃないの?」

私がガリガリバレイには雪がないと言っていて、

釧路ではまったく雪が降らないので本当に滑れるのか?と疑っている。

とりあえず着替えてきます、と車に戻ったので、

私はリフトへ。

ていうか、ここまで来て滑れないかもと思っていたのか?

3本目のリフト乗車中にテレマークで滑っている華麗なピョコが見えたので、

上で待つ。

しゅっと華麗に(いちいちうるさい?だって羨ましいんだものー)

下りてきて、

P「楽しい…いやーここでさ…ここでもさ…」

とニヤニヤしている。

on「何?こんな条件の良くないとこでも俺のパフォーマンスは落ちないってこと?」

P「ま、そういうことだよね。」

あ、誤解のないようにですが、彼はハイシーズンはほとんどアルペンで滑っているので、

テレマークは修行中なので、自分のテレマークが向上してきたことが嬉しいのだと思われます。

テレマークポジションを私に軽く教えてひとつふたつ指示して、

P「何本滑った?」

on「2本」

P「俺、1本なんだよね、だから滑ってくる!」

と、言っていなくなった…

なんやねん!!

結局そうなんだよなー

いきなりできるわけないじゃん。

言われたことを頭で反芻して体で実践しようとするも、

う、動かない。

のたらくたらして1本終え、

上にいったらしゅっと華麗にまた来た。

P「あのさ、そういえば今何が出来るんだっけ?10ヶ月ぶりのプルーク見ますか」

on「それさ、さっきやるべきじゃなかった??」

必殺除雪プルーク

が、思うようにいかん。

あれー?

いつもはもうちょと上手にできるんだけど。

ピョコ跡はとても美しいけど、私の跡はガタガタしている。特に左。

いつものようにちょっと滑ってみて、と言われ、

よちよち滑る。

P「思い通りですね。じゃあ次はこれ」

斜滑降→プルークでターン→斜滑降→プルークでターン

で、下の平坦なとこに出たらテレマークでリフトまですべろと。

じゃ、それやっててーと言われ、また華麗に去る。

来るたびに一言二言言って下り、

何本かに一回リフトで一緒になるのでそのときにあれやこれやご指摘を受ける。

そして事件は起きた。

歩くときはかかと上げてせめてテレマークぽく歩けと言われているのだが、

どうしてもちょこちょこ歩いてしまう私。

P「かかと上がってんの?」

と、言われたものですから、

えーかかとー?

って自分の足を見てたらリフトに乗りそこね、

まさに乗ろうとしていたピョコが私が乗らなかったので

驚いて下りようとして、柱に激突・・・

まるでドリフのコントのように・・・

死んだかもしれない、と思った。

柱はコント用ではないので倒れてはくれないのだ。

柱にほんとに大の字になってへばりついていた。

頼むよ、ちょっと!と言って戻ってきた。

すいません・・・

生きてて良かったね。

と言ったら黙っていた。

そういえばターンの時外足がつっぱってるよ、と言われた。

膝、もう少し曲げてって。

で、なんかゴニュゴニョ言ってた。

なぬ?!

やってみた。

あ!

そうか。

なんかわかったかもしれない。

あ、わかったかもしれない。

まだできないこともあるけど、わかったかもしれない!(しつこい)

もうすぐ日が沈む…

16時過ぎに終了。

休みなく3時間以上滑ったから今日はいいことにしよう。



もも限界。

でも右だけ。

左使ってない。

こりゃ問題だなー。

今日もテレマークでは滑れませんでした。

でも何かに気づいたからよし!!

もも痛いから明日は休みかな。
関連記事

Comment

非公開コメント