profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4545位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
321位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

釧路市動物園

2013/09/01

夏休みの最終日は雨予報。

でも外に出たかったので、

そうだ、動物園に行こう。

動物園というものの存在意義については、

私個人としてすごく悩ましいもので、

動物が檻の中で生きること自体は手放しで賛成できない。

でもだからといって、

動物園ハンターイ!みたいな考えでもなく。

中には安全でエサの心配もなくて

一生を終えられることが幸せってことも…あるかもしれないじゃない?

人間だって、親のしいたレールで行きて行くのはイヤだ!!みたいなハングリーな人もいれば、

いいんです、言いなりがラクなんです、て人もいる…よね?

彼らの不自由な生活を申し訳なく思いながら、

感謝して見せていただくというつもりで訪れます。
01_20130907210223bb4.jpg

びっくりしたけど、自宅から20分ぐらいでついた。

近っ!!

02.jpg

えっ。

1回が550円なのに、通年パスポートが1000円なの?

そういうものなのか?

じゃあ通年パスでいいよね!

西門から入ると初めに出会うのはレッサーパンダ!!!

03.jpg

か…かわいい。

日本では1976年に釧路市動物園が初めて飼育下繁殖に成功した、

ってウィキペディアに書かれてるんだよーん。

04_20130907210229dff.jpg

動物園の中は下手したら山の中かと錯覚するほど木々が多い。

こういうとこが好き。

05.jpg

アルパカは毛が刈られていてフワフワしていなかった…のでかわいくなかった。

06.jpg

まじっすか?

でもこのメスがどのメスかはわからない…

07.jpg

彼女かしら?

このあとパクパクタイムの放送があって、オタリアの餌やりを見に行った。

餌を求めて水面を叩いてアピールするのだが、

頭いいんだね。

[広告] VPS


カワウソはかわいいのか怖いのか私にとって微妙な動物です。

08.jpg

で、アムールトラのココア。

09.jpg

左足の軟骨の形成不全症のため歩行がピョコピョコしています。

台湾人の女性二人がココアを指差してワーワー話していますが、

ココアは私の前に歩いてきてじいいいっと見つめてきます。

雨が降ったりやんだりの動物園は人もまばらで、

ココアの檻の前でしばらく見つめあっていたのですが、

動物のまっすぐな視線は何か見透かされたようで、

いろいろ思うところがあり、泣けてきました。

ナミダが出た瞬間、あ、やべ、誰か来たら変人だと思われる…

と思い、ココアとサヨナラして次へ。

10.jpg

エゾクロテンのてんてん。

クロテンって、ピョコタンに似てるんだよねー。

11.jpg

園内で?!

とびっくりしましたが…さもありなん。

12.jpg

君じゃないよね?

みなさんお気づきになっただろうか?

クロテンの時間、11時44分。

熊舎の時間13時でしょ?

小1時間熊を見ていたのです!!

熊のおやつを1箱購入して与えたあと、

係員から熊の説明があるというのでそれを聞き、

係員にいくつかの質問をしました。

そんなことをしているのは私だけで、トラの前で泣いてなくても十分変人でした。

そういえば…

係員の説明タイムを待っている間、私の横に座っていた少女が、

傘をぐるぐる回していて、あぶねーなー

と思っていたらやっぱり私の足に直撃しました。

少女はあっやばい、という顔はしたものの、何も言わず、

立ち上がってアクリル窓の前に行きお兄ちゃんと熊に向って叫んでいました。

非常にうるさく不愉快でしたが、せっかく家族で動物園に来たのに、

知らないおばさんに怒られるのもかわいそうだから黙っていました。

そのあと戻ってきてまた私の横で傘を振り回し始めました。

あー

ぶつかったくらいでは彼女は学べなかったのだなと思い、

振り回している傘をそっと押さえて、

「やめた方がいいんじゃないかな?」

と言いました。

やばい、という顔をしてそのあとは傘を私がいるのとは反対の、

お母さんのほうに置いて触りませんでした。

子供だから騒いでも仕方ないわけではないし、

家と外の区別が出来ないことは社会生活が出来ないことに繋がる。

人は一人では生きていけないので、集団で生きていく術を見につけなくてはなりません。

と、いうわけで短い言葉で教育的指導をしたつもりです。

幼い彼女は動物園で、

傘を振り回したら知らないおばさんに怒られる

と経験をし、1ポイント獲得しました。おめでとう。

そのあとまた熊のおやつを買って、コミュニケーションをとります。

ほんとはなんだか人間の驕りのようで、餌で釣る行為はどうかとも思うのですが…

あの熊のおやつは本当に熊の餌だそうで、アレだけで十分必要な栄養がとれるものだそうです。

でも高価なので動物園では野菜をあげているそうで。

高価なものはお客さんにアピールして自分で食いぶち稼いでもらいます。

と係の人がいっていて、言い方は下品だけど、生きてくってそういうことよねー。

じゃあたまに来る私が高価なご飯をあげて悪いこともないのではないかと。

今ここには熊は5頭しかいません。

しかもみんなおじいちゃん。

昔もっといた気がするなーと思っていたら、1番いたときは18頭ですって!

この広さ(当時と同じ熊舎かわからんけど)でそれはいすぎ…

しかも今はオスしかいないけど、昔はメスもいて、

やっぱりオスメスが同じエリアにいるのはいろいろ大変だったようで。

で、おやつ。

私はキレイに放射線を描いて直接熊の口に入るようにします。

下に落ちたヤツをあさる様に食べる姿がいやだからです。

だいたい8割の命中率。

コツがあります。

で、それをやっていたら後ろを通り過ぎるとき女性が、

「スゴイ人いる…」

と呟いていきました。

やっぱり私は十分変人なのかもしれない。

結局5箱くらい(もっとか?)あげてしまった。

もっと見ていてもよかったけど、

まあまた来ればいいや。

熊にサヨナラして

13.jpg

最後にフンボルトペンギン。

ちょっと見てたらフンをしたやつがいて、

ジョロロロロとプールに流れていった…

あそこで泳ぎたくはねーな。

一人で2時間半も動物園を満喫してしまった…。

しかもそんなにいたのに見ていない動物もいる。

雨が降ったらまた行こう。
関連記事

Comment

非公開コメント