profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3948位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
259位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

とりとめのない話

今日は仕事が終わってからピョコタンとご飯。

いつも20時過ぎになるのだが、

今日は珍しく18時40分に下りてきた!

すげー。

仕事してないの?!

と思ったけど聞くのはやめておいた…

早かったからいつも行く店はやめて

“鳥政”へ。

なんかピョコは好きみたい。

歩けないと思うくらいつらかったけど、

もう山に行くことしか考えられないくらい雌阿寒が楽しかった…

という話をした。

「まさかいきなり雌阿寒に行くとは思わなかった」

と言われた。

え!

行くっていったじゃん!

「まず藻琴山くらいから登るとかさー…」

え!

じゃあ止めろよ!

「今まで歩いてもいなかった人が行くんだから、そりゃつらいわ」

と言われた。

雌阿寒ならどこがどうだかコースも目つぶっても歩ける(嘘)から、

ま、雌阿寒でよかったと今でも私は思っている。

藻琴山は大好きだけど、

どれぐらい歩くとどうなるか、

どのぐらいの傾斜でどうなのか、

何時間歩いたらどうなのか、

藻琴山では判断できない。

仕事が出来る。

山に行ける。

これ以上私に必要なものなんてない。

で、ピョコタンは…

スキーがシーズンオフの今。

しけたツラしてんなー

仕事も今のところ派手な活躍はしてないし、

ぱっとしない日々を過ごしているらしい。

ほんと冴えない顔だわー。

山にでも行けば??

冬はかっこよく見えるんだけどなー

スキーやってると。

魚は水の中にいなくっちゃね。

私には山。

彼はスキー。

さて。

これを見てるアナタはどこですかー??
関連記事

Comment

やっぱり山だなぁー

冬にしろ、夏にしろ、夏尾根でも沢でも・・・・・
とにかく私の居場所は山だ!!!

でも、山で輝いているのかは分からない(笑)
ただ・・・大好きな場所ってこと!!

No title

私も山かな(笑)

on...さん、山に登れてよかったですね♪ スゴイです!
雌阿寒岳レポ、終盤はドキドキしてみてしまいましたが、
とにかく、山復帰、おめでとうございます\(^o^)/

若葉さん

大好きな場所で輝かない人がいるだろうか…

キラキラしてるにきまっとるー。

若葉っちは復帰後最初の山、どこにするー?

yamatoumiさん

山ですかー?
いいんですかー?
海じゃなくて(笑)

ありがとうございます。
出勤時に見える雌阿寒岳を見て、
毎朝のように涙目だったのです。
また登れてよかった。
そう思います。

もちろん!!

ニペソツ山だ!!!
早くしないと雪が降ってしまう・・・・・と焦ってます。

行けるかな!?難しいかな!?
いきなりだからなーーーーー((+_+))

若葉さん

だよねえ。
絶対そうだとは思っていたわ。

日帰りでがーっと行くつもりなら無理だろうけど、
テン泊でちからさんに荷物もってもらえば行けるでしょー。

ニペにいることが楽しめれば、山頂に行けなくても十分だと思うしさ。
若葉っちはそれが出来るでしょー。

行きなれた山だからこそ、
無理なときは無理だって気づけるしね♪
非公開コメント