profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3605位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
248位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

受傷から62日 久しぶりの外回り

2013/07/12

受傷後から私の仕事は主に器械出しでした。

                 器械出し

患者さんに直接関わる業務、

麻酔介助や外回りは患者さんの安全を守ることが困難だと自分で思ったので、

外してもらうようにお願いしてありました。

装具つきでは不安定で自分の歩行だけで精一杯だったためです。

たくさんのコード類がはっている床は私にはトラップだらけと同じで、

避けて歩くのも大変でした。

バランスを崩してふらつくことも実はあったりして…

装具の性質上、患側の膝を曲げて歩けないので、

健側の右股関節にかかる負担が大きく、

午後になるといつも疲労困憊でした。

なので座って出来る器械出しにつけてもらっていました。

それでも仕事が終わると浮腫がすごくて、とてもつらかった…

装具がとれてすぐは、落ちた筋力のため、

装具をつけていたときより歩くのがつらかった。

装具に守られていたことを実感しました。

装具がとれて2週間。

満を侍して、

外回り復帰してみました。

外回り

画像はイメージです。

私ではない…

それでもハードな外回りは無理なので、わりとやることが少ない手術の外回りです。

まだ回りに気づかってもらうことも多いのですが、

これぐらいならなんとかなるかな…という印象。

しゃがむ動作が瞬時に出来ないので、ガーゼを拾うのが少し困難。

そして走りたくなるけど、走るのはまだ許可されていないので、我慢せねば。

急いでるとつい…

骨折部や足関節の痛みもたまに出ますが、

頻度はだいぶ減ったかなー。

もう少し。

あと少し。

関連記事

Comment

非公開コメント