profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
349位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同級生

2013/06/08

シンガポールに暮らす、高校時代の友人Sが帰国するという。

みんなで飲みに行くんだけど、行かない?と誘われて、

骨折してるからその日の体調でね、と言っていたが、

次にいつ会えるかわからないし、

彼女とは10年ぶりくらいになるので頑張って出かけることにする。


予約されていた店は、これまた高校時代の同級生Hくんが料理人として働いているらしい。

S以外のメンバーは、

Sの妹のK

小学校時代は仲が良かったものの、高校入学から疎遠の女子、Cちゃん

すごく仲がよかったわけではないが、何かしら話しぐらいはしたこのある女子TKさん

話したことは無いが、どうやらクラスが一緒だったYSくん

名前と顔が一致しない消防士のKTくん

と私だった。

店はエスニックという謳い文句のようだが、

まあよくある宴会メニュー。

主食を食べない私には厳しい主食攻めだった。

パスタとピザとピラフって…

どれかでええんちゃう?

まあ食べ物どうこうではなくSとの再会が目的だからよいのだが。

S以外は高校卒業以来な上、高校時代だって話したことのないメンバーである。

ひとみしりな私はほぼ黙っている。

場を壊さないように相槌くらいは打つけどね。

Cちゃんは幼稚園からずっと同じ学校なので、

調子が出てくれば話すことも可能。

YSくんは同じクラスだったらしいが、私はほとんど印象にない。

学校ではほぼ寝ていたし、

起きている時は眠くて不機嫌であった。

しかも気に入らない授業はボイコットしていた。

ほかに同じクラス誰だった?

と聞かれても全然思い出せない。

私は本当に学校に通っていたのだろうか?

YSくんには

「俺ってそんなに印象なかった?俺はONさんは怖いイメージだな」

と言われた。

そう。

私はかなり尖っていたのだ。

ちっちゃい頃から悪ガキ…でなはいが、

自分の正しいと思えたことしかやらないし、

納得するまで戦う人間であった。

それは学校の先生でも、警察でも、医者でも、親でも、

目上であればあるほど素直には従わないし、

根底には今もそういう気持ちはある。

しかし今は、

場の空気を呼んで自分の役割を果たそうと努めている。

尖っていた時代、傷つけた人がいるからだ。

なので、かなり印象の柔らかくなった私に彼はびっくりした様子であった。

私は終始聞き役であり、

ナイスな相槌を打っていた。

はず。

みんなの人間関係がよくわからないので観察していたのだが、

どうもSの妹、KとYSくんは普段から良く飲みにいっているらしい。

なるほど仲がよい。

次第に酔ってきたYSくんはKにいろいろちょっかいを出している。

仲がよい2人なのでほほえましく見ていた。

場所を移して、Barに移動した頃には、

泥酔といってもよいほどYSくんは酔っていた。

その酔いかたにオトナとして眉をひそめていた私であったが、

場の雰囲気を壊したくないのでそのままにしておいた。

が、時間がたつにつれ、

Kがもうひとりの男子、KTくんと話したりすると、

明らかにYSくんは不機嫌な様子なのだ。

そういう会じゃねえだろ。

と内心むかつきだしていたが、

それでもせっかくはるばるシンガポールから会いにきてくれたSのことを思うと、

楽しい雰囲気を壊したくない。

Kに、YSくんがKにかまってもらえなくて寂しそうだからかまってやんなさい。

と言ったりしていたのだが、

YSくんはKの乳を触ったり、スカートをめくりあげたりし始めた。

Kが嫌がらないならいいか?と思ったりもしたが、

明らかに会の趣旨とは異なり、

しかもSとKは姉妹なのだ。

プチっ。

「ねえ、Sって大人なんだね。

私、もし自分の妹がこんなことされてたら、男殴るけど?」


しーん。

固まるYS。

「一体どういうつもりで乳さわったりすんの?

姉の目の前で。血縁者の前でそういうことやるんなら、

それなりの覚悟があってのことなんだよね?って、私の妹ならそう思うけど。」

語気は強いが、淡々と話している私の迫力に、YSの友人のKTくんも、

「あーそれ、俺も自分の妹がされてたらイヤかも。」

と言ってしまう。

Sは

「私は別にいいよー」

と言っている。

「うん。だから、私の妹じゃないから、Kがイヤじゃないならいいんだけどね。

Sが大人だなと思ってさ。私も男ならかわいいKのこと触りたいって思うかもしれないし。」

その後私がいる間、YSは二度とKに触れることはなかった。

キャバクラじゃねんだよ。

触りたいなら二人の時にやれっつの。

36にもなって、さかりのついた犬みたいなことやってんじゃねえよ。

懐かしい同級生に会うスタンスで行ったため、

私には非常に不愉快な出来事であった。

私だって、通常のいわゆる飲み会であれば

別に触ったり触られたりしてもかまわない。

そういう男女のいちゃつきがあってこそ、飲みの席とは盛り上がるものである。

Kに対して私もかわいくて妹のような気持でいたため、

見ていて気持ち悪かったわけである。

YSはネガティ部であるようで、

いちいち「俺みたいなやつのこと、フンニャラ」

などと言っており、メンドクサイ男なようである。

俺なんて感の強い男であった。

そういうのは内輪でやって欲しい。

私は慰める気もさらさらないし、

第一慰めるネタを持つほどYSと親しいわけでもないのだ。

そういう話をしてもよい場と

そうでない場の区別のつかない大人の男ほど気持ちわるいものはない。

同級生って子供だったんだな。

と思い出した。

男は子供なんだった。

強がりたいくせに強がるくせに、女にヨシヨシして欲しいのだ。

もう一人の男子、KTくんは妻帯者であり、さすが大人であった。

本心がどうであれ、彼とは話が出来そうだ。

自分が甘えていい相手と場所を勘違いしてはいけない。

たとえ酒がはいっていても、

酒がはいっているからこそ、36歳の大人なんだから自分を律して欲しいと思う。

これは常日頃ピョコにも話していることであり、

少なくともピョコはここまで子供ではない。

懐かしい仲間に会って嬉しくて飲みすぎたことを差し引いても、

これはありなしで言えばナシ。

駐車場の閉まる時間が近づいたので私だけ一足早く失礼したが、

いなくなってから私が怖いとみんなは言ったのかどうか。

YSくんは高校時代と変わらぬ私の迫力にさぞ驚いたことであろう。

多分もう高校時代の集まりに呼ばれることはないだろうな…

と帰りの車の中で思った。

女子だけなら私も行きたいが、

メンドクサイ男の面倒を見なければならぬ会であれば、

私も二度と御免である。

ふとスマホを見るとメッセージが届いていた。

「火曜日暇ですか?」

とSS医師からであった。

「ひまひまー」

と返事して、

あーどこにいこっかなー。

ダレダレ誘おうかな~なんて楽しみにしちゃったりして、

私ったらひどいかしら。

関連記事

Comment

No title

酔うと触りたくなっちゃうんだろうね~~
でも、そういう会じゃないものね。けしからん。
ピシャっと言えるonさんが一番男らしい。。。
ちなみに、極妻ちゃんも同じこと言うと思うよ。
性格似てるわ~。

コンブさん

酔うと触りたいのよくわかるし、
そういう会なら別に気にしないのよー
そしてみんなは気にしてるのかしてないのか??
でもみんながYSのこと気づかって、ふくれてるから構ってやろうとか、
Kが話しかけないから寂しがってるぞとか、そういうのもイヤだったんだよねー
Sのお帰り会でしょうよ!
みんなが楽しい会でなければ。

あのかわいらしい極妻ちゃんもこんなパンチある性格なの?(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。