profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
349位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受傷から18日目 涙

2013/05/29

朝起きてシーネから装具にかえる作業も慣れた。

ギプスの時のように締め付けられ(腫れて)て指がパンパンになることもなくなった。

それでも一日仕事をすると少し浮腫んで装具が締め付けられてくる。

マジックテープなので緩めたり締めたりは加減してやっていく。

右の股関節にかかる負担は大きく、

だんだんだるくなって歩くスピードは俄然落ちる。

ガンバレ俺。

今日はピョコの器械出し。

午後からなので午前中は器械確認やら何やらでよく歩く。

まだ元気だけど、

午後きついかなあとちょっと思う。

ここ数日気持が落ち込み気味で笑って仕事するのがつらい。

午後になって整形外科の手術がぽつらぽつら入室してくる。

ここのところお約束のようにどの医師も私の足のことを気づかってくれるのだが、

S医師は「見てて痛々しい。山に登るならやっぱり手術した方がいずれOAになってしまうんじゃないか」

C部医師は「ずれてんじゃないの?!

このまま保存だったらくっついても痛みでるんじゃない?!わかんないけど!」

N医師は「んーそろそろ手術でしょう~」

W医師は「僕、スパ(脊椎麻酔)かけます!このあとやりましょう!」

それぞれが冗談まじりだったり心配していってくれたりしているのだが、

私も人のことなら手術でしょって言うと思う。

それでもいろいろいろいろなこと考えて、総合的に保存でみましょうと

ピョコタン医師が言ってくれたのだ。

私は手術したくない。

それしかないならするけど、保存でみれるなら保存がいい。

でもS医師が山に行くのつらくなるかも…というので、

決めたことだけど、

えっ山…行けなくなるとか全然考えてなかった…とびっくりして、

そのあとトイレ行ったら泣けてきた。

理由はそれだけじゃないけど、きっかけになってしまった。

そのあとピョコの手術の器械出しをして、

ピョコとは足の話をせず、遊歩塾の話をちょっとしてバイバイ。

そのあともなんだか悶々として仕事していたが、

HBの姿を発見したので寄っていってみる。

「先生、お土産ご馳走様でした」

広島楽しかったですか?と言おうとして

「ひ…」

と言ったところで

「足、大丈夫なのか?」

くい気味に言われた。

大丈夫か大丈夫じゃないかで言えば…大丈夫ですかね。

「山…行けないんじゃないか?天狗岳行かなきゃならないのに」

あ、今年の秋の約束ですね。もうなしかと思ってた。

珍しく私が口をはさむスキマなくよく喋ってる。

「9月か…10月ならなんとか行けるだろ。筋肉落ちてるんじゃないか?」

すっかり落ちてほっそりです。あ、前と比べてですけど。

「腓腹筋でかなり守ってたとこあるからな…△○□×って知ってるか?」

一部聞き取れない…

知らない…

荷重をかけずに筋力を落とさないようにやるリハがあるらしい。

リハに知り合いいないのか?と言われたけど、

さすがにいないなあ。

ちょっとまずは自分で調べてみてと言われて、ハイと言ってしまったが、

実は聞き取れてないので調べれない。

今日もう一回聞いてこよう。



怪我してから、いろんな人が心配してくれて

たくさん考えてくれて

親切にしてくれて

たくさんの人の優しさに支えられて生きてます。

ありがとうございます。

この先への不安も多少ありますが、

なんとかなるもんさ。
関連記事

Comment

ぎょ!!

くっつき方によって、山に行けなくなるおそれがあるの?!
それはコワイわ。
手術。。。してほしいけど、仕事休まなきゃいけなかったりいろいろあるんだよね。
一番過重がかかる場所だけに、くっつき方に変化が及びやすいのかしら。
みんなが優しいのは、ふだんのonさんの人徳だと思う!!
リハビリ、キツイだろうけど山行くため(など)にがんばってね!!

休足

まさに休足だよね!
あたしも手術後患足が5cm細くなってヒョウロヒョロになったけど、ゆっくり焦らずトレーニング続けて
ちゃんと元に戻ったよ!
むしろ前より強くなった!まぁ 靭帯形成したからなんだけど
骨も折れたら太くなるよ!経験上・・・
でも足よりむしろインナーマッスルのトレーニングをお勧めします!
体の中心で下半身をカバーできるようにしたらいいみたいよ!
onちゃん、前向き、元気な自分、やりたいこと、プラスのイメージを常に持ってね!!
そしてそれを言葉にしてね!!
言霊って知ってる?
 

コンブさん

行けなくはないと思ってるけど~
痛みでも残ったら大変じゃないかいって心配されているんだわ~
山もスキーもやめるつもりないから、
しっかり治す!!つもり。
自分の治癒力信じてるから~

カナリーヌさん

なんか、
そうか。
やらなきゃいけないことがじんわり見えてきた気がします。
ありがとーカナさん!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。