profile

on...

Author:on...
on(197×年6月4日)
道東在住。
山はのんびり、植物を愛でながら歩く。
速さにもピークハントにも興味がない。
と、こだわりを見せつつも、
初心者ではないが初級者である。 
スキーの経験もないのに
テレマークスキーのかっこよさに憧れ、
ひょんなことからテレデビュー。
デビュー1ヶ月後まさかの骨折。
骨折しても懲りもせず次シーズンにはまた練習開始。
今もまだ練習…山に行けるレベルは遠い。
いつまでもテレマーカーになれず、
最近はアルペンに買い替えようかなという弱気な一面もあり…
アルペンなら滑れると思ってるのか?という友人の言葉のビンタをくらい、それは保留。

2016年から2年間の働きながらの進学で山もスキーのも遠ざかっている現在。


それでも、“明日死んでも後悔しない人生”を座右の銘に、
自分らしい選択を続けて積み重ねていく所存です。

latest article
The latest comment
Category
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Mail form

名前:
メール:
件名:
本文:

Access ranking
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
349位
アクセスランキングを見る>>
FC2Counter
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
blog ranking

FC2Blog Ranking

Free
Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー練2 阿寒湖畔スキー場

スキー場はクローズしてるけど、

どうやらスノーパークとやらでゲートが空いてるらしいとの情報をピョコがゲット。

ゲートが空いてるなら行けるんじゃない?と言われたが…

でもな~

入っちゃだめなんじゃないの?

とイマイチ勇気の出ない私であった。

しかしピョコが確認して行けるなら行けばいいじゃんというので、

あちこち電話した結果、

はじっこ歩いて上がってさりげなく滑り降りてくればよいという結論に。

しかしやっぱり一人では心細いので、

懇願してピョコに一緒に来てもらうことにした。
阿寒の道の駅で待ち合わせてピョコ車で阿寒湖畔スキー場へ。

めっちゃ安全運転。

私よりずっと丁寧な運転…

ナニソレ。

スキー場につくとお客さんは一人もいなかった。

え、大丈夫なの?コレ。

誰かに声をかけたいが勇気の出ない私。

結局ピョコに許可をとってきてもらい、登ることにする。

ピョコはテレにシールで。

私はスノーシューで板を担ぐ。

担ぐ練習だね、と言われる。

くくりつけるザックはピョコのを借りた。

そんな装備ねえわ。

1304140001.jpg

しかし普通に雪あるじゃないか。

スキー場やってくれよ。

しかし、テレブーツにスノーシューって、歩きにくいのね。

そりゃそうよね。

シール忘れて車に取りに行ったピョコに余裕で抜かされる。

1304140002.jpg

ボッケに行って来るから思う存分練習しれと言われたが…

1304140004.jpg

こんな斜面初めてやねん。

こわいねん。

1304140003.jpg

雄阿寒に励まされて板はいてずりっ

滑り出してどてっ。

ちょっと行ったらザザーーー

全然進ね。

そして怖い。

板を脱いで抱きしめることしばし。

俺なにやってんだろ…

当直明けのピョコタン引っ張り出してつき合わせて、このザマ。

もう板かついで帰ろうかな…

って、今日は車なかったーーー

そしたら

何やってんの?

のピョコが来た。

怖いんです。滑れないんです。

いいから板をまずはけと言われ、

板をはく。

ストックひっぱりあっこして踏ん張り方(止まり方)の練習。

いろいろあれやこれや聞いて、

そしてGOと言われた。

GO??

キャラ違う~

まっすぐまっすぐ~

あーれー

どて。

まっすぐまっすぐ~

あーれー

どて。

1304140005.jpg

2本の大滑降(とピョコが呼ぶ今日の私のながい滑り)のあとうしろからピョコがきた。

もうちょっとかっこよく撮りたかったが、私もこけた直後で無理だった。

そして抜かし際、

GOGO~

と言われた。

だからなんやねん、そのキャラ。

3本目の大滑降(とピョコが呼ぶ)の時、ソリ滑りコースへダイブした…

さながらスキージャンプのようであったという…

それは言いすぎか。

とりあえずちょっとの時間だけど、長く滑ったので楽しかった。

怖かったけど。

1304140006.jpg

このあとつるいで温泉に入りご飯。

ご飯の時も怖かった…

元スキー部は厳しいのだ…
関連記事

Comment

No title

山で練習するならなおさら「独りでコソ練」はやめときましょうね。
独りだと、「捻挫」={遭難」ってこともありえるもんね。

うひゃひゃ

怖いのねん?そーなの!怖いのさ!
でも風を切るって気持ちいいでしょ?
雪にまみれるって最高でしょ?
ザック!ありまっせ!
送るかい?
来年はBC デビューだね?
あのぅ~ピョコ先生、わたくしにも手ほどきお願いします!

稲荷寿司先輩

そうですね

カナリーヌさん

すごい怖かったの…滑り出す一歩が前にでないの~!!
でも滑りだしたら楽しいの~!!
もう終わっちゃうの??終わっちゃうの??って感じだす。
顔面ダイブした時は…無様に見えただろうが、うっっひょーって楽しかった…
ザックね…スキー用も買わなくては…
お気持嬉しいですが、そんなにお世話になれませんわ。
ブーツ、まじでありがたかったです!!
スキー始められたのはカナさんのおかげだもんね。
BCデビューなんて、ムリムリ~
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。